comment


blackbird books様

前作の息をのむ美しさはそのままに、

今作ではひとりのモデルを魔女として起用し、

一つの物語を紡ぎあげています。

光と影。歓びと悲しみ。永遠と孤独。

ページをめくる度に心がさざ波を立てる。



草舟あんとす号 様

その囁きを心に映す準備ができた時、

あなたはこの世に数冊しかない、

魔法つきの本に出会うことになるだろう。


(「魔女の帰郷」解説より抜粋)



神戸 1003 様

感じたことをひとつだけ伝えさせてください。

「言葉にならなかった、

けれど確かに心のうちにある感情が、

美しい形をもって目の前に差し出された。

それがこの本です。」


東京 青と夜ノ空 様

ふと思う。

もしかしたら、みんな魔女かもしれない。

魔女っぽさから離れ、自分の屋敷に戻ったとき。

「魔女の帰郷」があったら、

きっと心強いに違いない。

やさしく包んでくれる、そんな気持ちになる本。


大阪 youbooks 様

『非日常は日常の上に垂直に立つ。

蒼い光りを味方につけて

見るものすべてに魔法をかける。』


魔女の帰郷 ご感想モーメント

一作目 ご感想モーメント